201230_MIB21461.jpg
特許取得のガスコントロール技術
201230_MIB21322.jpg

TiMELESSの流路の構造やガスコントロールの仕組み

包装フィルムのシール部分に設けた「微細な流路」が内容物に応じた柔軟なガスコントロールを可能にします

野菜や果物は、収穫後も呼吸を続けるため、CO2(二酸化炭素)やH2O(水蒸気)が、気孔から放出されます。CO2、H2Oが発生し、袋内の内圧が高まることにより、内部の気体は、流路を通って外部に排出されていきます。同時に、流路にCO2がとどまる構造により、袋外部からのO2(酸素)などの気体や菌が流入しづらくなります。一方で、内圧の低下とともに、内容物にとって適量のO2が袋内に流入し、結果、最適な「低酸素・高二酸化炭素」状態をつくり出すことができます。TiMELESS®では、内容物に応じた細かな流路の調整を行うため、精度の高いガスコントロールを可能にします。

内容物に応じた袋内部の最適な状態をつくり出す(イメージ)

fig-001.jpg

O2  CO2

高精度のガスコントロールを可能にする流路(イメージ)

fig-002.jpg

袋外部の気体分子  袋内部の気体分子